SPECIAL EDITION

SPECIAL EDITIONは日替わり月替わりのメンバーで毎日更新予定📖いろんなひとに読んでもらえたらいいなと思っています。みんなの毎日にぜひよろしくね。

4度目の正直。ねごと『ETERNALBEAT』 /りょー

千葉県出身のバンドによる4作目。




バンドの状況

はっきり言って、ねごとは常にどっちつかずな立ち位置だった。メインの客層はライブでoioi拳を挙げるのに何の疑問も無い、いわゆるロキノンっ子たち。あとガールズバンドなら全部大好きおじさん。(いや寧ろ後者の方が多かったしそれで何とか保ってたような…)


メジャーレーベル所属でRIJFCDJ等のフェス常連となると、ハイカロリーな曲(分かりやすく例を挙げると高速4つ打ちとかの、即興性だけなやつ)が強く求め続けられる。


確かにデビュー時は若い10代だった。しかしそこそこキャリアを積んでるわけで、それにずっと応えるのも段々としんどくなっていくだろう。そもそもBPMの速い曲がメインのバンドではないのは、デビューミニアルバムを聴けばそれは明らかだ。そうしてロキノン大好き層からもどんどん支持が薄れていった。


一方、洋楽や日本のインディーズを主に聴く層からはどうだったか。ソニーお得意のアニソンロキノンバンドっしょという印象だったと思う。もちろん極々一部の物好きな人達がいたかもしれないが。本人たちは洋楽からのリファレンスや好きなアルバムを事ある毎に発言してたが、まぁ特に相手にされてなかったと。


かくして、既存層は別の新しいバンドに目移りして減っていき、新規層も別段増えないという歯痒い状態だったと言える。


エレクトロサウンドで覚悟を決めた4枚目

では、ねごとはこの状況に対しどんなレスポンスを取ったのか。それが4thアルバム『ETERNALBEAT』である。


BOOM BOOM SATELLITES中野雅之ROVO益子樹をプロデューサーに迎え、よりエレクトロ化が推進。かねてから所々見受けられたポイントだが、今作ではより比重を置く形となった。前半のほぼシームレスに続く構成が特に顕著。後半はそこから従来のバンドサウンド寄りへ。半分でザックリと分ける組み立ては、シングルとアルバム曲で分かれた1st『ex-Negoto』を彷彿とさせた。


やはり白眉はアルバムタイトルの"やまないビート"を標榜した前半か。ゆったりしたテンポによる浮遊感が漂い始まる表題曲から、先行シングルでエレクトロ化宣言をした「アシンメトリ」。サビで唐突にビートが無くなりまた復活したり途切れたりする両極的なデジタルロック「シグナル」、「mellow」はそこから音数が一気に少なくなりアルバム全編で最もディープなゾーンでありつつも、Vampire Weekendをやや彷彿とさせる前のめりなビートが耳を惹く。そして後半のバンドサウンドに向けて緩やかに上昇していく「君の夢」。


サウンドに関しては「アシンメトリ」で顕著な通り、ロキノンの範疇にありながらも如何に手垢まみれのロキノン手法を使わず、ギリギリな境界線の模索が本作の一つの大きなテーマのように聴こえる。そしてその試みは高い水準で成功してると思う。


個人的にねごとは、'"イントロからBメロは気持ちいいのにサビでズッコケる"というパターンがいくつもあった。しかし「シグナル」のサビでートを抜き差しするアレンジは、それを見事に回避してより曲を洗練させた。このバンド史上で最もエポックメイキングな出来事だとすら思う。

剥き出しで自己言及する詞

さて、今作ではエレクトロ化についてよく取りただされるが、正直その萌芽は以前からあったし、ギターバンドとエレクトロや打ち込みの融合なんて古くはSUPERCAR(もっと遡ればNav Katze?)やゼロ年代から、枚挙に暇がないほど前例があるわけで。それより興味深かったのは詞である。


なぜなら、サウンドが変化していく過程で生じた葛藤や、当時(2017年リリース時)の音楽シーンに置けるねごとの立ち位置についての自己言及が生々しく吐露されているからだ。

  • 喪失していく青さ

知らず知らず進んでゆくの
いつか終わってしまうことも

続けてゆくことだけが
ひとつひとつ傷を増やすの

いつのときも始まりは
青く青く美しいもの
どこへも行けなくなるの
シグナルは滲んでゆく


青、つまり青春。青さが失われることを最も悲観しているのが「シグナル」。信号と引っ掛けるのが興味深い。諦観する詞とそれに抵抗しようとするような唄い方、それにビートが出たり引っ込んだりするトラックとの相乗効果で、よりない交ぜとした混沌な雰囲気を強める。

ずるずると青さを引きずる
争えなくても 抗えなくても

また明日と手を振る君の影模様
ひとりになった僕は青いまま
あてもなく歩く


青への未練がすごい。


なぜ今作でこういうテーマが出たのかを考えてみる。バンドにおける青イコール"青春"とは、いわゆる"初期"の頃というのが自然と浮かぶ。「"若手"バンド」という冠は無くなり、エレクトロ化で初期のパブリックイメージからの脱却。それにより離れた既存のリスナーも少なくないだろう。

  • どっち付かずな立ち位置

半分の好き 半分の嫌い
平行線のまま終わらないパズル
いっそこのまま溶けてしまいたいの

どこか遠くへ行きたいのに
新しいシャツが濡れて重い

一体何が欲しくてここまできたんだろう


ここでバンドの歩みを振り返ってみる。10代で閃光ライオットに入選して現役女子大生の触れ込みでメジャーデビュー、という華々しいキャリアの幕開け。しかし気付けばそこから6年以上経って"若手"というポジションからは遠ざかってきたわけで。高校卒業の記念で応募したらアレヨアレヨという間に何となくデビューしていた、という風に側からは見えてしまう。


デビューのキッカケは何でもいいけど、目標としてバカ売れしたいとか、リアルタイムで起きてる海外のムーブメントも取り込むぜという態度とか(そう、閃光ライオットで優勝したGalileo Galileiみたいに)もそんなに感じない。邦ロックフェスで安直な方法でのし上がるわけでも、洋楽リスナーへの積極的なアプローチも見受けられず。「ループ」の不協和音はSonic Youthから〜とか、近年になってThe Ting Tingsの前座やったりThe Cribsで少し客演したくらいか。冒頭でも触れたが、洋/邦リスナー共にそこまで注視されてない宙ぶらりんな現状だと思わざるを得ない。(偏っていれば良いというわけではないが、折衷に成功してたかとは言えず。)


挙句、某メディアには「玄人リスナーも唸らせる仕掛けがたくさんある」と擁護(のつもりなのかなんなんか)される始末。"玄人リスナーも"って。ぐうの音も出ないけど。


青さは確実に喪失している。しかしメジャーレーベル所属のロキノンバンドという立場上、そっち方面にもアピールしなければならない。


一つ自分の体験談を。2014年に閃光ライオットのイベントの一環で行われたDJを観たが、圧倒的に10代が多い場でバリバリに自分のハウスミュージック趣味に走り、客は踊るどころかほぼ全員棒立ち。サービスで「One More Time」や「Blue Monday」とかのド定番も流すが状況は変わらず終了。オマケに次のDJが「カロン」を流すと、さっきまでの静観がウソのように拳を上げてoioiやってるという皮肉付き。クラブ通いが当たり前だった世代の友人による「こんな盛り上がってないBorn Slippy初めて見た」という名言に腹がよじれるほど爆笑しつつも、メジャーレーベル所属の責務というのをまざまざと見せつけられた。


そんな状況下、エレクトロ化という道に進んだことは、単にそういうジャンルを選んだという意味以上のものがある。前述した通り、洋楽と邦楽の間でギリギリの境界線の模索、そして折衷である。アルバム前半ではエレクトロを打ち出し、後半では従来のバンドサウンドの提示。このバンドの境遇を省みながら聴くと感動すらしてしまう。

  • 繋ぎとめる意志

交差するため息に埋もれてしまわないように
ありったけの感情をさらけ出すんだ 今すぐ


「cross motion」の最初の一節は今作で非常に重要な意味を持つ。洋/邦リスナーどっちにもさして関心を持たれてない状況への自己言及。それだけでけっこう驚いてしまう。

時計の針は戻らないけど
叶わないなんてない ないでしょう


青さの喪失ということだが、どうにかポジティブに捉えようとしてる。気軽にサウンドの志向を変化させることは今までのねごとでは出来ない/出来なかったからだ。

半分だってI そうはいかない?
どんどん遠くなる心
アシンメトリー アシンメトリー
そっと繋ぎとめて

はぐれそうな線を繋いで
未来へのラブレター mellow


アシンメトリーとは左右非対称、不均衡という意味。初期の曲と現在の曲、ない交ぜでも突き進むという意志か。そこに"青"と同じくらい頻出する"繋ぐ"という言葉も乗っかる。この"繋ぎとめて"が何を指すかがいくつも想像出来ておもしろい。例えばバンド内での古今の曲、ロキノンと洋楽、現在とこれからのリスナー等。そしてこれらの言葉も本作でかなり重要である。


アシンメトリー」の詞で素晴らしいのは、苦悩から始まりサビで答えを見つける過程だ。この記事では意図的に分けてしまったが、これを先行シングルに持ってくには相当な覚悟があっただろう。

やまないビート

「うそだ」そんな夜もあったな
覚めた魔法さえ忘れられない

それでも 歩こう
時は止まらない

最初から最後まで
わたしたち煌めき求めて
回すミラーボール
変われると願うの

甘いキラーチューン
あなたを忘れない
飛びたい


色々と書いてきたが結局の所、表題曲「ETERNALBEAT」に全て集約されている。


"甘いキラーチューン"というのはこのバンドで云えば代表曲の「ループ」や「カロン」だろう。要は、バンドは変わっていくけど初期の曲も携えて進んで行くという内容だと解釈できる。やはり「ETERNALBEAT」は決意表明の曲だ。

終わりに

結局ねごとはこの10ヶ月後に5th『SOAK』を出し、そこから約1年半後の2019年7月20日に解散した(ちなみに自分の誕生日です)。バンドの試みが上手くいった、とは正直到底思えない。10年後に世の中の記憶に残ってるとも。しかしこのアルバムに記した抗いとラストライブを、自分は忘れないだろう。